FC2ブログ

パティシエールは大変なお仕事!

320x320_rect_2854915.jpg
今日、東京駅大丸の中にある、サロン・ド・カフェ、ボワシエで、お友達のTちゃんからパティシエールの素敵なお友達Yちゃんを紹介していただきました☆

Yちゃんはスイーツの激戦区、自由が丘の超人気店の厨房で日々腕を振るうパティシエール♪
パティスリー業界にとんとご縁のない私にとって、Yちゃんの話はとても新鮮で楽しい時間になりました❤

パティスリーにとっての繁忙期、クリスマス→バレンタイン→ホワイトデーを終えた今の時期は、ようやく一段落できホっとする季節。ホワイトデーの時期は一つ一つ手間のかかる焼き菓子等の準備のため、睡眠時間はわずか2,3時間ほど!なんだそうです。頭が下がります。。。

Yちゃんによれば、Yちゃんが務めるパティスリーは、オーナーシェフがとっても素敵なポリシーをお持ちとのこと。厨房や店舗で働くスタッフに対しても常に気配りを忘れない方なのだそうです。とても有名な方なのですが、現場を離れるどころか、誰よりも現場を大切にする方だというお話や、地域に根差していくことを忘れない方だ、というYちゃんの話を聞いて、なんだか勝手に親しみを感じてしまいました。きっとその心遣いが、人気店となる所以の一つなのでしょうね。

パティスリーの厨房は、チーフパティシエの思いやこだわりの詰まったレシピを頭に叩き込むことはもちろんのこと、パンや焼き菓子、生菓子等、多種多様な商品を日々均一のクオリティで提供するために、早朝から仕込を開始して、各商品の焼き等の段取を計算しながら、分単位で工程にかかる時間を微調整していくことが求められる世界なのだそうです。当然ですが、歩留や無駄は許されないわけで、それは素人の趣味の世界とは全く異なりますね。

これからはパティスリーやデパ地下がスイーツ求める顧客でごった返す中、その舞台裏では・・・と、ちょこっと想像することも忘れてはいけませんね。

そういえば、今日行ったボアシエ、白と淡いブルーを基調にした明るい店内、天使のデザインもあって、内装がとっても可愛かったです☆ 

アパレル業界に身を置くTちゃんと、同じくデザインの持つ重要性の高いパティスリー業界のYちゃん。そのお二人と一緒に時間を過ごす事が出来て、色々と刺激を受けることが出来ました。




スポンサーサイト



ダニエル・オスト展 

昨日、池袋西武で開催中のダニエル・オスト展を覗いてきました。一緒にフラワーを勉強している友人が見て良かったと言っていたこともあり、やはり終了前に見ておきたいと思っていました。

オスト氏はベルギー生まれで、ベルギー王室の装飾や、近年では京都の金閣寺や東寺等でも展示を行っており、日本人にとても人気が高いアーティストということで、会場はとても混雑していました。ご本人が会場にいらっしゃっていた事もあるかもしれません。

複数の花材を使いすぎず、シンプルにメインの花材の美しさを引き立たせるようなデザインや造形の曲線美が、洗練されていて美しいなと感じました。また、これは光の当て方にも因るとは思うのですが、光と影のコントラストが大変綺麗で、植物の本来持っている色合いを綺麗にグラデーションに見せる技法は相当計算されているのだろうと素人目にも思わせる作品が多かったです。

最近試験管に水を蓄え花材を美しく保たせているものを多く見ますが、オスト氏の作品の中にもそういったものが
たくさんありました。日本の花市場で仕入れているからでしょうが、使用している花材はどれも最近花屋でよく見かけるものばかりで、その点は親しみやすさも感じる事ができました。

スタッフの方々の入念な手入れにもよるのでしょうが、長い期間の展示であるにもかかわらず、作品はまだまだ生き生きとしていて、パワーがあり、元気をいただくことができました。たまには、こうした展示に足を運ぶのも良いものですね。main.jpg






壇上できらきらする高校生☆

高校生たちの模擬株主総会を見学してきました!
会場は高校生たちの熱気と、少しの緊張感に包まれてました。

実に堂々と発表を展開していく生徒たちにびっくり。
それと、詳細丁寧に作られた報告書も想像以上にハイレベルで驚きます。

思い切り背伸びして作ったと思われる決算書のアラも、
なんだか高校生らしくて、とっても可愛いのです☆

プレゼン内容や報告書の要所要所から、苦労のあとがうかがえました。
途中でチームが崩壊しそうになったり、倒産しそうになったり、
販売がうまくいかずに行き詰ったり…。
このプログラム中は、困難に直面した時、先生や大人が
答えを教えることがありません。
子供たちが自分達で考え抜いて、
自分たちで問題を乗り越えなければならないんです。

先生達も、子供たちの成長ぶりに驚いていた様子でしたが、
プレゼンは相当準備したと思われる内容でした。
発表時間も質疑応答の時間もちょっと足りなかったんじゃないかな。
個人的にはもっと色々聞いてみたかったです。

どこかに答えがある、誰かが教えてくれる、そういう姿勢で臨んでいると、
大人になった時、問題に直面した時、行き詰まってしまうし、
そこから脱却できなかったりする。

過去に経験した問題でないから、対処法を知らないからといって、
諦めてしまう・・・

そうではなくて、自分で解決出来るのだ、解決してみよう、
…と、勇気を持って問題に臨んで困難を乗り越えようとする、
そういう姿勢は、傍から見てても美しいし、すがすがしいのです。

与えられた問題を解くのではなくて、
 問題は自らが作ったもの。
→問題を解決しなければいけないのは自分。
→考え抜き、話し合い、行動すれば解決策は必ずあるし、
 必ず乗り越えることができる。
→乗り越えられた。達成できた!

このプロセスを濃い短期間で体験するこのプログラムの
醍醐味を少し体験できたようです。

同時に、我が身を振り返り、身を引き締めた週末の午後でした。

が・・・・気を引き締めたのもつかの間、
BOSSに言われるがまま、BOSSの行きつけ?
と思われるお寿司屋さんになだれ込み、
お店のアグレシブなおばさまの勧めにのっかって、
大量の寿司を食べ、酒を飲み、次のお店へはしごまで。。。

爽やかな思い出で終わらせたかったのにぃ。
お酒の力を借りてBOSSに言いたい事言えたから良かったか(笑)
結局はいつものごとくタクシー帰りだったのでした。
かれこれ6時間ぐらい飲んでたような。。
3件目断ってなかったら日曜はきっと無かった!この時期本当に貴重な週末。
あぁ断って本当に良かった。。。










会計教育 進展

恒例の新人教育の御役目も一段落し、つかの間のゆとりを楽しんでいた3月頭、素敵なお誘いが舞い込みました。

もっと会計教育の分野に携わりたい、自分が教育という分野に適性がありそうだ、という事を何となく自覚しだして以来、次世代育成的なお仕事にアンテナを張ったり、社会人教育についても切り口を整理していこうと思い始めていました。

そんな矢先、とあるNPOと連携し様々な企業の方とともに、次世代向けの経済教育プログラムに従事するお仕事を仰せ付かるとはとても幸運です。

また、世代間の交流に加え、国際交流にも興味を持ち始めていた所でもあったので、国際交流にも繋がりそうなこの活動は自分にとっても刺激的な経験になりそうです。

今後は現場業務の合間、年間稼動時間の1、2割程度をこのお仕事に捧げ、汗を流していく事になりそうです。

自分がターニングプロジェクトを立ち上げた頃、自分らしい働き方とはなんだろうとあれこれ思いを巡らせていました。理想は、お仕事でかかわった人達の人生に良い形で関わっていくこと。専門知識だったり、経験だったり、自分の特性を生かして、社会に奉仕していける働き方。人を幸せにできる生き方。最近は本当にやりたい事がようやくはっきりしてきたこともあり、自分の根本的な価値観や軸を失わずに、自然体で自分らしいお仕事を設計していくための準備に、ようやく重い腰を上げたところではありました。良いチャンスが巡ってきて嬉しいです。

欧米では、年間の活動時間の数パーセントを専門家として行うボランティアに捧げる人も少なからず居ると聞きます。日本ではまだ馴染みがない事かもしれませんが、新しい専門家の社会貢献の潮流になれば素敵な事です。
産学連携の推進や、質の高い教育の実現にも、一石を投じられるよう頑張りたいと思っています。


サロン・ド・スイーツを終えて

自分がプロデュースした創作スイーツのサロンイベント、サロンドスイーツが終わりました。
当日は39人も来てくれてお蔭様で大盛況に終わる事が出来ました。

様々な方面で活躍されていたり、素敵な趣味があったり、色々な活動をされていたりする方が、
スイーツという切り口で一つの場を共有する事はとても興味深い事です。

来ていただいた方全てに満足していただけたイベントにはならなかったかもしれないのですが、
第一回目としては及第点かなと思っています。

あらためて自分にとって製菓という趣味は一つのコミュニケーションツールだなと思いました。

様々な方からフィードバックをいただく事も出来、今回の経験は場の運営に関しても、とても良い勉強になりました。

今回を振り返りながら、次回提供したい製菓に関してもさっそくアイデアが沸いてきました。
今から開発がとても楽しみです。また、食関係の人脈も増えそうで嬉しい予感です。

次回は今回認識された不満足要因を解消しながら、もっともっと満足してもらえるようなサロン、
人が繋がる場のコーディネートが出来るように頑張りたいところです。

ひとまず、私のスイーツアイデアやコンセプトをヒントに、素敵なピアノ曲目リストを作ってくれ、
当日演奏してくれたAちゃん初め、当日運営をサポートしてくれた皆にとても感謝しています。
プロフィール

mary step by step

Author:mary step by step
経済学部卒、ブランディングを学んだ後、公認会計士2次試験合格。現在監査法人勤務のMARYのブログです。仕事では、上場会社・上場準備会社・ファンド等の監査に携わっています。次世代向けの経済教育の分野、専門家が行う社会貢献活動に興味があります。趣味:フラワーアレンジ、洋菓子制作,石鹸制作、アクセサリ制作、旅行、読書等。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード